ベビーシッターの歴史

subpage01

ベビーシッターとは、母親に代わって乳幼児の世話をする人、職業のことを言います。


その歴史は古く、外国では紀元前から、日本でも高い身分の貴族や裕福な家庭では「乳母」と呼ばれる人物を雇って、子供の世話をさせていました。



現在のようはベビーシッターのイメージに近いのは、ヴィクトリア朝時代のイギリスの家庭にいた、住み込みで子供の世話をする女性たちです。


彼女たちは、ナース、ナースメイド、チャイルドナースなどと呼ばれていました。
ナースという言葉は、いまでは看護師を意味する言葉として広く知られていますが、実は、ナイチンゲールが看護学校を立ち上げるよりも古く、もともとは乳母を意味していました。
子供の世話をするチャイルドナースという言葉は、病人の世話をするナースと区別するために使われました。

ベビーシッターをご紹介いたします。

のちに、イギリスでは、1920年代ごろにナニーという呼び方が一般的になりました。

毎日新聞の情報が揃っています。

子供と寝起きをともにして、洗顔から就寝まで一日中面倒をみること、必要ならテーブルマナーや口の利き方、部屋を片付けることなどのしつけも、親に代わって担いました。

ナニー専門の養成所も設立され、保育や教育について高度なカリキュラムが施されるようになりました。
日本でも、情勢の変化から共働きの家庭やその他の必要に迫られて、ベビーシッターの需要が増えつつあります。専門の国家資格のようなものはありませんが、保育士や、認定ベビーシッターの資格や勉強をして仕事を行っている人がいます。