ベビーシッターの資格について

subpage01

近年では共働き世帯が増えていることから、ベビーシッターの需要が高まっています。

日本経済新聞に関してわかりやすく説明しております。

ベビーシッターになるためには特資格は必要ありませんが、資格を持っていることが信頼を得られるための一つの方法にもなります。


また、資格があるのとないとでは、知識や技術の差に大きな差が出てきます。



このことから信頼性や安心感にも、大きな差が生まれることがわかります。そのため、これからベビーシッターとして働くつもりであるのならば、自身のスキルアップのために、そして自分が自信を持って仕事を行うためにも、資格を取得しておくのもよいといえます。



ベビーシッターの資格は民間資格となっています。

資格を取得するためには二つの方法があります。


一つ目は全国保育サービス協会が主催する試験を受験して資格を取得する方法です。
これに合格することで認定ベビーシッターの認定書が交付されます。
受験資格には全国保育サービス協会が主催している二つの研修を受講して修了していること、18歳以上であること、また実務経験が必要にもなります。

そのほかにも一般財団法人が主催している資格もあります。


この資格は協会が主催している指定講座のカリキュラムをすべて受講し、自宅で認定テストを受験し、合格することで資格が付与されます。

受験するために実務経験などが求められていないので、すぐにでも資格が欲しいという人や、早く現場で働きたいという人には、最適な資格取得方法と言えます。